スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

太っていなくても食べ過ぎていなくても○○が多い人は糖尿病リスクは高くなる?!

久しぶりにまともな健康についての記事を書きます@hanaokananaです☆w




まず簡単に糖尿病とは膵臓からインシュリンが出なくなってしまう病気です。



通常はストレスを感じると副臓からのコルチゾールという
ストレス軽減に役立つホルモンの分泌量が増えます。
ストレスが解消されるとコルチゾールちが正常化します。


しかし、ストレス状態が長く続き、 ずっとコルチゾールを出し続けていると
副臓は疲れてしまいます・・orz

すると少し休ませるように視床下部から下垂体に命令、
結果、ストレスがあるにもかかわらず、コルチゾールがでない状態になってしまいます。


体がストレスによってダメージを受けるということは細胞がダメージを受けるということ。
コルチゾールはダメージを受けた細胞を元気にする働きを担っています。

細胞レベルのダメージを回復させるできるのが糖なのですが、
コルチゾールはこの糖が細胞に行き渡りやすくなるよう血糖値をコントロール
する働きを持ったホルモンなのだそう。

コルチゾールが血糖値を上げるのに対し、すい臓から出るインシュリンが血糖値を下げる
というイメージが強いですが、実際にはもう少し複雑で

血糖値が上がった時にインシュリンが出るのは実は細胞が血液中の糖分を
取り込むためにインシュリンが必要だからなんだとか。


糖尿病を放置して症状が悪化するとみんな痩せていきます。
これは血液中に糖がいっぱいある状態なのにインシュリンが足りないために
細胞が養分を吸収できない状態が続くからなのだそう。

コルチゾールとインシュリンは一緒に働く為状態が続き副臓が疲弊するほど
コルチゾールを出している時はインシュリンを出すすい臓も疲れています。


つまり、副臓疲労の状態にある人は糖尿病リスクも高まっているということなのです。


太っていなくても食べ過ぎていなくても
ストレスの多い生活をしていると糖尿病リスクは高くなるのだそうです。


まあ要因はこれだけではないでしょうが。
もちろん食べ物や生活が一番起因していると思いますが・・・
皆様は大丈夫ですか?



ブログランキングに参加しています。
花岡奈々を応援してね☆彡

↓↓ 



スポンサーサイト
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
プロフィール

花岡 奈々

Author:花岡 奈々
ココロ、カラダ。
カラダはもちろんですが
何よりココロがハッピーでないと
健康ではありません。

ココロもカラダも健康に
毎日ハッピーでいられるように
何かあなたが変われるきっかけを
作れますように☆

いじめ・自殺撲滅☆平和バンザイ
電子書籍出版しました☆

幸せたちがいるところ




心の傷を抱えた人、いじめ経験者、
死にたい人、幸せになりたい人、
我が子とうまくできない人・・・
共感・何か新しい考えになる
きっかけになれば幸いです。
1人でも多くの方が幸せになれますように☆


ランキングに参加しています。
応援よろしく
お願いします(^^)/押してネ♡


ブロとも・相互リンク募集中です♥

☆悩み相談受付中☆
悩みを聞いてほしい、
ただ話を聞いてほしい、
人生つまらなくて誰かと話したい
など・・・気軽に連絡ください☆
もちろん無料です(*´ω`*)
一応メールもありますが・・・

LINE ID:hanaokanana
検索してネ♡

感想や花岡へのメッセも
歓迎です☆

イタズラや何かの勧誘など
迷惑行為とみなしたらブロック
させて頂きますのでご了承ください
m(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
☆Welcome☆
☆メェルする☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。